原状回復をするのが入居者のマナー|業者に依頼

作業者

賃貸物件退去時の注意点

ヘルメットを持つ人

経年劣化と過失の違いとは

現状復帰という言葉があります。原状回復とか原状復帰と呼ばれることもあります。これらはすべて同じ意味で、退去後の賃貸物件を、入居時の状態に近づけることです。この現状復帰の費用は、入居時に大家さんに納めた敷金が使われることになります。何年か住んでいることで、自然に生じた壁紙の色あせやあ、あるいは家具を置いたためにできたへこみなどは、現状復帰の対象にならず、その修復費用として、敷金を充てることはできません。こういったものの修復は、大家さんがいわば自腹を切ることになります。ではどのようなものが、現状復帰の対象となるかといいますと、入居者本人の過失でできた瑕疵となります。たとえば飲み物をこぼしたシミとかタバコの焼け焦げ、あるいは壁の穴などは、現状復帰のために敷金が使われると考えておきましょう。特に現状復帰の場合は、対象になるのかならないのかでトラブルになりやすいので、入居時に家具を入れる前に、部屋の写真を撮影しておくようにしましょう。それから、国土交通省のガイドラインもありますので、目を通しておくといいでしょう。最近は敷金を取らない物件もありますので、現状復帰が気になる時は、そのような物件を選ぶのもお勧めです。ただしこの場合、退去時は自分でクリーニングを行う必要があります。また、すでに現状復帰の対象となる汚れや傷などがあるとわかっていた場合は、事前に業者に依頼して修復しておくこともできます。その場合は、必ず大家さんに連絡して許可を得た上でやるようにしましょう。