原状回復をするのが入居者のマナー|業者に依頼

作業者

原状回復との違い

工事

賃貸物件に入居した場合には、必ず現状回復または原状復帰という言葉が出てきます。これは入居した物件から退去する際に、入居時と同じ状態に戻す事を言います。引っ越しで賃貸物件を退去する際には、現状回復を行うことが必要となります。この現状回復をどこまで行うかでオーナーや管理会社と入居者の間でトラブルになる事が多いとされているのです。そのため、現在では国土交通省がガイドラインを発表しています。また判決でもある程度の指針が出ています。この現状回復は通常の使用で生じたものについては回復する必要がないとの判断が出ています。つまり家具を置いていてへこんだ床や冷蔵庫を置いていて黒く焼けた壁、通常使用によって損耗した畳やクローゼットは対象外となります。逆にタバコを吸っていてヤニで壁紙が変色した、ものを落として床に穴をあけた、コーヒー等をこぼして畳やクローゼットにシミを作ってしまった、このような入居者の過失によって生じたものは現状回復する必要があります。現状回復費用は通常入居時に支払いをしている敷金から差し引かれますが、どの部分を回復する必要があるのか、また回復するのにいくらかかるのかをしっかり立ち合いをするなどして確認する必要があります。なお、入居時の賃貸契約説明等において、退去時の現状回復すべきものとして別途明記されている場合などは、契約書に従って支払いをする必要があります。さらに、現状回復を行う際には、専門の業者に依頼して行うのが一般的となっています。業者といっても全国には沢山あるため、依頼する際には初めに見積もりを出してもらうとよいでしょう。そうすることで、それぞれの業者を比較できるため、目的に適したところを選ぶことができます。