原状回復をするのが入居者のマナー|業者に依頼

作業員

賃貸物件を退去する時

空き部屋

賃貸物件に入居をし、退去する際には原状回復をする事が必要です。近年まではこの原状回復の定義があいまいだった為に賃貸人と賃借人との間でトラブルになるケースも多々ありました。そこを踏まえて国土交通省が平成23年にガイドラインを発表した事により、このトラブルも減少してきています。原状回復とは入居者が退去時に、入居時と同じ状態にして退去する事を指します。入居者にはこの義務があるというもので、原状回復する費用は敷金から差し引かれるのが一般的です。このガイドラインでは賃借人が通常の生活において生じた損耗は原状回復の対象にはならないとしています。これは建物は経年劣化するという概念があります。よって家具を置いていた床のへこみや冷蔵庫を置いていた壁の黒ずみ、日照等によるクロスや畳の変色は対象外という事になります。逆に賃借人の不注意などで生じたものは原状回復の対象となります。タバコを吸ってヤニによるクロス等の変色や、掃除を怠った事による風呂場のカビ等はがこれにあたります。ただし退去時のクリーニング費用は賃借人負担であったり、建物の経年変化による劣化の内、一部は賃借人が負担する等の特約や但し書きが契約書に記載されているとなると、その契約書の内容が優先されます。まずは原状回復の概念を理解し、一般的にどのようなケースであれば原状回復をするのかを理解した上で、契約書の内容を確認の上入居する必要があります。あいまいな部分はオーナーや管理会社にしっかり確認をとる事が重要です。また、入居する期間が短いときなどは、原状回復工事を自分で業者に依頼することで、費用を抑えられる場合があります。あらかじめ、業者を探しておくとよいでしょう。

原状回復との違い

工事

現状回復とは賃貸物件を退去する場合に、入居時と同じ状態に戻す事を言います。現状回復については判例や国土交通省が発表しているガイドラインがありますので、参照して対応する必要があります。

賃貸物件退去時の注意点

ヘルメットを持つ人

現状復帰とは、賃貸物件退去時に、入居時の状態に近づけることです。これは敷金でまかないますが、経年劣化による変化、たとえば壁紙の色あせや床のへこみなどは対象にならず、入居者本人の過失による変化が対象になります。トラブルになりがちなので、入居時に写真を取るなり、ガイドラインを読むなりしておきましょう。

工事内容の確認

空室

原状回復工事をする時、特に賃貸物件のオーナーとして原状回復工事をする時などは、コストパフォーマンスをより重視することも大切です。原状回復工事は様々なプロセスから成り、現地調査を確実に行い、解体の範囲などを賃貸借契約の内容確認をして確実に決める必要もあります。